●魚を釣る場所は、行程何分と決まった場所ではなく、ナブラ(魚の群れ)に当たった場所なので、いつ開始の合図がでるかはわかりません。ただ、合図が出る前に、コマセを入れ針にはオキアミを刺し、いつでも仕掛けが投入できる準備は整えておいてください。

●開始の合図が出たら、船長の指示棚にあわせ、勢い良く竿を振ってコマセを出し自分の撒いたコマセと針が同調するイメージで当りを待つことが大事。ただ、あまり待ちすぎても駄目ですので、適度な手返しも必要です。

●ハリスは、14~20号の3メートルが基本です!あまり太いとカツオはハリスを見ますのでほどほどの太さに!その時の魚のサイズにもよりますが16号ぐらいが無難です。マグロ狙いは20号以上を使ってください。また、折癖がつかないように真っ直ぐになるようにしてくださいね。

●カツオやキメジ狙いの針は、強度のあるヒラマサかグレバリの14~16号がオススメです。マグロ狙いは最近販売されてる専用針かムツサークル等がオススメです。

●餌のオキアミは、一匹でも抱き合わせでもどちらもOKですが、しっかりとオキアミを針に刺すことが重要です。

●冷凍のイワシやイカタン、小アジなどを持参する方がいますが、はっきりいって食いません!やはり餌はオキアミがベスト!です。ちなみに、三陸沖のカツオはオキアミが主食ですよ。

●魚がかかったら、ドラグは締め気味でガンガン巻くイメージで魚とやりとりしてください。ドラグが緩いと魚に走られてお祭りでバラすケースが多いです。

●取り込みですが、ビシが水面まできたら、素早くハリスをたぐり、魚の顔を水面より上に出せば魚はおとなしくなります。魚が大きければ皆さん協力しあい、タマですくってくださいね。

●なお、危険ですのでクッションゴムは使用しないでください。水面で魚がバレた時、その反動でクッションゴムが自分に飛んできまて、大怪我の原因になりますので。

●最後に、、、この釣りは勢いです。コマセワークも魚とのやりとりも勢いよくやって、釣果を伸ばしてくださいね。

土日祝日は要予約制となりますので、確実に釣行日が決定次第ご予約をお願いいたします。

●ジギングで狙う方は、ジグ40~80グラムで、フックはトレブルではなくアシストフックを使ってください。手前味噌ですが、、、当店オリジナルカラーのブルージャックとスキルジグは大変実績があるのでオススメです!

ad14.jpg

●船長の指示棚より少し深めにジグを落とし水面近くまできっちりとジギングを行ってください。

●一概には言えませんが、ショートピッチの速いジギングはカツオに有効です。

●また、エビングでも狙えます。エビングセット(100〜200g)は当店でも販売しております。ハリスリーダーは60〜80ポンドを2〜3m、ハリは餌釣りで使用するネムリ針、ソフトルアーはDRスティックなどがオススメです。

ad15.jpg

●よいナブラに当たりヒットが多い時、大きいカツオ以外はタマは使わず抜きあげて手返し良くジギングすることが釣果を伸ばす秘訣ですよ。

●ジギングのお客様は席に限りがありますので、土日に限り乗船のご予約をお願いします。平日はご予約なしでも大丈夫です。

●痛みが大変早い魚なので、必ず氷は多めに持ってってね!クーラーボックスの容量10Lに対してお店で販売してる氷1個を目安に!(40Lのクーラーボックスなら氷4個ね)また、帰港後も魚の鮮度を保つ為、バラ氷をガッチリ入れてってくださいね。




ライフジャケットの着用をお願いします。お持ちでない方は、お店にて自動膨張式ライフジャケットを無料貸出しておりますのでご利用くださいね!

レンタルタックルも多数完備してますよ!お店の倉庫には、常備100本(リールはPENN社)!のタックル達があなたをお待ちしてます!リールも右巻き・左巻きと両方用意してますので、受付でお好きなほうを借りてくださいね。



●もちろん、最先端のヒットルアーはお店で販売してるよ。

●基本ですが、ルアーのフックは必ずバーブレスでお願いしますね。

オーバーキャストの際は必ず左右後方の確認をしてからキャストしてください。

サングラス、キャップ、プライヤーは必需品ですよ。特に、偏光グラスがあれば10匹のシイラが100匹のシイラに見えるから船長的には絶対オススメ!

●シイラをキープ(持ち帰りたい)したいお客様の為に、船には大型クーラーボックスを完備してるので、お客様はご飯・飲み物を入れる程度の大きさのクーラーボックスをお持ちにならればOKです!




●ビシは、サニーちびライトの30〜40号が絶対のオススメ!理由は、ビシが細めで落下時の抵抗が少なく、ライトウィリーには最適だからです。



●基本、コマセの撒きすぎは禁物!少量のコマセで魚を食わせるイメージを持ってくださいね。

●この釣りおもしろいとこは、座席に関係せずシャクりで釣果が決まるってとこかな。シャクりがこの釣りで一番重要です!50~60cmの幅で竿をシャープにシャクるのが基本。

●かごの中に入れるコマセは目一杯入れずに7~8分程度にゆとりを持たせて入れることを心がけましょう。

●仕掛けの一番下の針にはオキアミを使用しますが、このオキアミの刺し方が非常に大事!わからないお客様は遠慮せずに船長に聞いてね。釣果を左右する大事なことだから!

●リールの道糸はPE2号がオススメです。それ以下の細い道糸でもOKだけど、根掛かりのときに道糸から切れるときがあるよ!カワハギで使ってるリールでOKです。

●ライトウィリーにただならぬこだわりを持った当店ならではの、季節の魚種にマッチしたウィリー仕掛けをお店にて販売してます。仕掛けに迷ったときはコレで決まり!